マオのざつだん部屋

主にゲームや競馬のことについて書いてます

【ウマ娘】レース全冠称号を獲得するために【分析編】


全冠称号を獲得するのはやり込み要素の一種ではあるが、多くのウマ娘で出来るだけやりやすいよう分析してみた。

0.全冠称号とは

トウィンクルスタークライマックスのシナリオが登場してから追加された称号。

ウマ娘で走ることの可能な全135の重賞レース(中央129・大井6レース)を、
同じウマ娘1人全て勝利すると貰える。(服装違いもカウントされる)

アオハルまでは、ハルウララアグネスデジタルを除いてはどのウマ娘もG1すらコンプリート出来なかった。*1
残った2人もG2G3だと出走出来ないレースがあった。

ところがクライマックスシナリオで固定ローテーションが撤廃されたので、全ウマ娘が全てのレースに出ることが可能に。


1.準備するもの・こと

①ウマ娘の適性の確認
②補うのに必要な因子(G2以下は両方Dでも割と勝てる。G1は能力鍛えるか適性の運が必要かもしれない)
③現在のトロフィーの種類の確認
④大まかなローテーションの確認

①②は言うまでもないが、特に因子にこだわりすぎなくていい。
とりあえず(たづなさんが何言おうと)レース出てみて、どれくらいいけるか試してみるのも良い。

③は何故か育成中にすぐ確認出来ないので、スマホの人はスクショなどで確認した方がいいかも。PCの人はメモとか?


2.レースの数

数とG1に該当するレースだけズラズラ書いていく。

()内に月だけ書いてあるのはクラシック・シニアどちらでも出走可能

①芝 114レース

短距離 24
G1
高松宮記念(シニア3月後半)
スプリンターズS(9月後半)


マイル 42
G1
桜花賞(クラシック4月前半)
ヴィクトリアマイル(シニア5月前半)
NHKマイル(クラシック5月前半)
安田記念(6月前半)
マイルCS(11月後半)
朝日杯FS 阪神JF(ジュニア12月前半)


中距離 39
G1
大阪杯(シニア3月後半)
皐月賞(クラシック4月前半)
オークス 日本ダービー(クラシック5月後半)
宝塚記念(6月後半)
秋華賞(クラシック10月後半)
天皇賞秋(10月後半)
エリザベス女王杯(11月前半)
ジャパンカップ(11月後半)
ホープフルS(ジュニア12月後半)

※今年のきさらぎ賞は中京2000mで行われましたが、京都だと1800mのためマイルにカウントしています


長距離 9
G1
天皇賞春(シニア4月後半)
菊花賞(クラシック10月後半)
有馬記念(12月後半)

②ダート 21レース

短距離 3
G1
JBCスプリント(11月前半)

マイル 13
G1
フェブラリーS(シニア2月後半)
JBCレディスクラシック(11月前半)
チャンピオンズカップ(12月前半)

中距離 5
G1
帝王賞(シニア6月後半)
ジャパンダートダービー(クラシック7月前半)
JBCクラシック(11月前半)
東京大賞典(12月後半)

※今年のシリウスSは中京開催で1900mですが、阪神では2000mのため中距離でカウントしています

③レースまとめ

というわけで
数の多い順に

芝マイル 42個
芝中距離 39個
芝短距離 24個
ダートマイル 13個

芝長距離 9個
ダート中距離 5個
ダート短距離 3個

である。

圧倒的に芝の重賞の方が多い。そらファル子も嘆くわ…*2

3.単純なコンプリート難易度(因子面から)

手持ちの因子にもよるが、早い話が数の多いレースの適性が高ければ高いほど楽になるということである。

ちなみに初期適性GをDにするには7個、Cまで上げる場合は因子が10個必要。

18個しか赤の適性因子は積めないので、
GG→CCスタートは不可能である。鬼畜かよ。


メジロブライトまでの実装キャラだと

特に楽なのは
オグリキャップ
エルコンドルパサー

この2人はほぼ同じ適性傾向で非常にやりやすい
(馬場距離適性はオグリがエルの上位)

次点が
マルゼンスキー
その次が
ゴールドシチー ヒシアマゾン アグネスデジタル
辺りか。

デジタル以外はダート適性が高めで距離適性のバランスが良く、他の大多数よりはコンプリートを目指しやすいと思う。

アグネスデジタルは長距離がG、短距離がFだが、芝ダート両方A適性なので因子を1回の育成で寄せればOKである。


後は大体同じであるが
マイル適性の高いキャラ→それ以外
と考えれば良い。


ハルウララ以外は。

・ウララちゃんは別だ(誤用)

ハルウララは
マイルが通常バージョンだとB(正月バージョンはマイルA)
芝 G
中距離 G
長距離 G

特に芝Gで中距離もGなのでウララに特化した対策をしないと非常に大変。

更に固有スキルも通常バージョンはスタミナ回復の割には所持スキルが回復寄り(鋼の意志、不屈の心)、
作戦適性も後方(短距離マイルなら前目に付いた方が勝ちやすいのに逃げと先行がG)

ウララちゃん狙いたい人は素直に正月バージョン入手しましょうね…




オグリと通常ウララで比較するとコンプしやすさに天と地ほど差がある。

4.ローテーションについて

重賞は週に1開催以上行われるため、月を半分に分けると大抵被っている。

4つ以上ある期間

・クラシック
3後 4つ
4前 4つ
6前 4つ
7前 6つ
8前 4つ
9前 5つ
9後 5つ

10後 5つ
11前 8つ
12前 6つ

※6月前半・7月後半・8月後半・11月と12月はシニア級と全て同じラインナップ

・シニア
1前 4つ
1後 4つ
2後 6つ
3後 5つ
7前 4つ

6つ以上同時開催の期間は全てG1が開かれる。特に問題となるのは11月前半だろう。

G1が4つ(エリザベス女王杯・JBC3つ)、ダートが5種あり、距離もダートは短距離マイル中距離を全網羅。


5.因子面はどうするべきか

もちろん理想は自前で好きな因子を揃えてあるべきだが、フレンドを探して借りれば、最低ラインの片方Dまではどうにかなる。

ウマ娘DBなどで絞って探すといいと思う。

ウマ娘DB

バ場適性と距離適性について

バ場適性が低いとパワー要求値、距離適性が低いとスピード要求値が上がる。

ステータスが足りないと思ったら、スキルで速度か加速力を補うようにするといいかも。

6.まとめ


・ウマ娘の適性を確認!
・足りない適性の因子を確保!(Dくらいまでの分)
・ローテーションも(多少は)確認!

・周回する!!

…結局運が絡むので周回は必要ですね。

無期限なので、他にキャンペーンやイベントがある時は後回しでいいと思います。

今度実際に試して称号をとれたら更新してみたいと思います。


→メジロドーベルで実践してみました

*1:クライマックスシナリオ実装前のキャラ(メジロアルダンまで)のうち、まずクラシック・ティアラ路線に出走した時点でコンプ不可。大半のウマ娘はここで詰む。 次に春シニアのうち大阪杯や宝塚記念、そこと被っている高松宮記念と帝王賞目標のキャラも不可能。 残るのはタイキシャトル・オグリキャップ・アグネスデジタル・ハルウララ。ただしタイキとオグリはそれぞれマイルCSと有馬記念が連チャンなのでコンプは出来ない。

*2: スマートファルコンのストーリー3話から。この後ファルコンは考えを少し改めるが、日本のダートが芝より注目度が低い事実に変わりはないですね…